トップページ現場レポート
現場レポート

第118回「テラスの囲いに門扉を設置」

関連キーワード 外出車いす門扉
2014年8月28日

今回は高住研墨田の工藤が担当します。

 

集合住宅の1階にお住まいのお客様より、「車いすでテラスから出入りを行いたいので、テラスを囲っている柵の扉を広げたい」とのご相談です。

 

今までは玄関から出入りしていましたが、ドアが狭く移動に苦労していたそうです。

今後、車いすを大きなタイプに替える予定もあり、玄関からの出入りができなくなる恐れもあるため改修をご希望されました。

 

打合せの中で、テラス内に自転車を置きたい。外から室内が見えにくいようにしたい。などのご希望もありましたので、高さ・幅とも大きめのスライド門扉をご提案し、設置させて頂くことになりました。

スライド門扉は、文字通り扉が横にスライドする引戸タイプの門扉で、非常に軽い力で動くため、車いすでの開閉が容易です。また扉を吊っているため、車いすの通行の邪魔になるレールがありません。

施工後

施工前

工事後3

工事前


 

なお、室内へはテラスの窓から出入りすることになりますが、室内とテラスの床段差はスロープを置いて乗り越えるようにしています。

 

改修後は、外出時の負担が減って喜んでいただくことができました。

 

弊社のスタッフは、障がい者・高齢者向きの商品や工事の知識が豊富にございます。

ご希望をお伺いし、最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

最近の現場レポート
工事後

2018年12月3日

第163回「階段移動予防の扉取付」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研との提携企業