トップページ現場レポート
現場レポート

第177回「屋外アプローチのバリアフリー工事」

関連キーワード 屋外、階段、スロープ
2022年4月3日

ご夫婦二人暮らしで、奥様は脳血管障害の後遺症、ご主人は腰部脊柱狭窄症の疾患をお持ちのお宅の改修工事を担当しました。
玄関ポーチから前面道路への階段移動時にバランスを崩して、転倒する危険が高いため、安全に外出できるようにしたい、とのご要望でバリアフリー改修のご依頼をいただきました。

 

お客様のお宅は、玄関正面の道路とフェンスで仕切っている道路の二方向で道路に接しています。
玄関と玄関正面の道路との高低差は大きいですが、フェンスで仕切っている道路との高低差が小さいので、玄関正面の道路へは手すり付きの階段とし、もう一方へはスロープを造り、歩行器や車いすでもアプローチできるように計画しました。
また、玄関ポーチの正面に踊り場をつくることで、車いすでも方向転換しやすいスペースを確保しました。

工事後

工事前

IMG_2715  IMG_1288



 

IMG_2696           IMG_1284


工事の後にはお客様から、不安が無くなり、一人でも安心して外出ができるようになった、と喜んでいただきました。

高住研では、外構のバリアフリー改修工事を数多く手掛けており、ご要望に沿った提案ができますので、お気軽にご相談ください。

最近の現場レポート
IMG_2790

2021年12月5日

第176回「室内移動」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研が100%出資する
就労移行支援事業所



高住研との提携企業