トップページ現場レポート
現場レポート

第110回「既存のトップライトを活かしてユニットバスに取替」

関連キーワード バリアフリーユニットバス介護浴室
2014年4月4日

戸建ての1階にある浴室改修のご依頼です。

現状の浴室はトップライトが大きいため、冬場は冷気が入り込みとても寒いということでした。

 

気密性の高いユニットバスに取替えたいところですが、トップライトはご主人こだわりなので、そのまま残したいというご希望です。

しかし、標準でトップライトを付けることができるユニットバスがありません。

そこで、メーカーや職人と協議して、天井を加工することで、トップライトを活かせる方法を考えました。

この場合、特殊加工なため施工後のメーカー保証が受けられなくなってしまいますが、お客様も了承してくれたので進めることができました。

トップライトを残したため、寒さ対策としてミスト付浴室暖房乾燥機を設置しています。

 

天窓工事後

天窓工事前

 

kuri01

110_02


UB工事前

UB工事後

110_03

110_04


 

トップライトを残したおかげで、明るく開放的な浴室となり、大変喜んでいただけました。

入浴前にユニットバスの扉を開けて、脱衣所も一緒に暖房で温めてから入浴をされています。

 

リフォーム工事には様々な制約がありますが、できる限りお客様のご要望にお応え出来るプランを提案しています。

お困りな事がございましたら、是非一度、高住研にご相談ください。

最近の現場レポート
工事後

2018年12月3日

第163回「階段移動予防の扉取付」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研との提携企業