トップページ現場レポート
現場レポート

第139回「屋外階段昇降機の設置」

関連キーワード 階段昇降機
2016年5月27日

今回は、左半身麻痺の方の為の屋外階段昇降機設置の事例をご紹介します。

 

ご自宅の玄関が屋外階段を上った2階にあるため、安全に移動できるように階段昇降機の設置を検討したいというご依頼でした。

 

階段昇降機には直線タイプと曲線タイプの2種類があります。

直線タイプは、階段の角度が一定で、階段形状が直線の場合に設置することができます。

曲線タイプは、曲がり階段の場合や途中に踊り場がある場合に設置し、連続した曲線レール上を移動し、昇降することになります。多様な状況に対応して設置できるタイプです。

ただし、曲線タイプは階段の形状に合わせて製作するため、費用は直線タイプよりも高くなります。

 

今回の階段は、最下段の踏み面の奥行きが他の段より広くなっていました。

安全に移動するために道路面まで昇降機で降りるためには、曲線タイプにするか、最下段を一部解体した上で直線タイプを設置する2通りの方法が考えられます。

この2通りのお見積りをしたところ、曲線タイプで160万円(税込)、直線タイプで90万円(税込)となり、直線タイプを設置させていただくことになりました。

階段施工後

階段施工前

P1060703

設置前③


 

昇降機設置後


設置後③


 

 

今回のように、現状のままでは曲線タイプの設置となり、費用が高くなる場合でも、少し状況を変えることで費用を抑えることができます。

高住研では、状況に合わせた様々なご提案を致しますので、お気軽にご相談下さい。

最近の現場レポート
②高い屋外工事後

2019年4月29日

第167回「車いすでの外出」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研が100%出資する
就労移行支援事業所



高住研との提携企業