トップページ現場レポート
現場レポート

第159回「雨戸交換工事」

関連キーワード 雨戸交換
2018年6月3日

高住研渋谷の松浦がレポートします。

古い木造家屋の雨戸は木製が多く、長年の使用により枠が磨耗し雨戸が外れたり、動きにくくなっていることが多くあります。

そのため、雨戸を開けたままにしている方も多くいらっしゃいます。

今回はそれを解決するために雨戸枠を交換した現場をご紹介します。

既存の雨戸枠は木製。戸袋の表面はモルタル仕上げでした。

施工前


IMG_6453


作業1

既存の雨戸、雨戸枠、戸袋を全て撤去。

雨仕舞いに必要な板金のみを残します。


IMG_6790


作業2

雨戸、雨戸枠、戸袋を交換。

既存の水切り板金を加工し、外壁との取り合い部をコーキングで補修します。

施工後


IMG_6818


工事は1日で終了。

交換後は、雨戸の動きがとてもスムーズになり、開け閉めが楽になったと喜んでいただきました。

また防犯にもつながり、安心して就寝することができるようになったそうです。

私たちは、このような工事も豊富に行なっています。

バリアフリー以外でも、家のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

最近の現場レポート
輿石邸ー施工後

2019年2月20日

第165回「庭へのアプローチの改修」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研との提携企業