トップページ現場レポート
現場レポート

第151回「改修工事と福祉用具」

関連キーワード 外出工事福祉用具
2017年7月18日

今回は、改修工事と福祉用具を併用した事例をご紹介致します。

 

Aさんは脳血管障害により、軽度の麻痺が残りましたが、杖を使えば歩行できるまでに回復されました。

外出の際、玄関は段差が大きく、足を滑らす危険が高いため、勝手口から出入りすることになりましたが、ここにも階段と飛び石が・・・。

 

飛び石を除けながら歩くことは転倒の危険があるため、Aさんからは橋をかけたいとのご要望があり、歩行動作を確認したところ、緩い勾配は歩行可能と判断しました。

 

コンクリートや木材でスロープを製作することも検討しましたが、取り外せる様にしたいというご要望と費用を考慮し、木製ステージの製作と福祉用具のスロープを設置しました。

施工後

施工前

2

1


 

 

見守りは必要ですが、杖を使いながらスロープの上を歩き、外出することができるようになりました。

 

工事ばかりではなく、福祉用具も取り入れた住環境整備のご提案も致しますので、お気軽にお問い合わせください。

最近の現場レポート
輿石邸ー施工後

2019年2月20日

第165回「庭へのアプローチの改修」










高住研が運営する
放課後等デイサービスPur aile



高住研との提携企業